FC2ブログ
2019-01-02(Wed)

コードとメロディ・フォロワーさん用④

有名なコード進行と、循環コードについて書いてみようと思います。
サビでの盛り上げ方にも繋がるので良ければ!

※わたしが間違えて記憶している場合もあると思います。間違っていたら教えてください。



今回も白い鍵盤のみで書いていきますが、
Cメジャースケールの他に
Aマイナースケール、Fリディアンスケール、Dドリアンスケールも出てきます。
名前はすぐに覚えなくて大丈夫ですが、説明をいれます。






.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
有名なコード進行

★Cメジャースケールのコード進行(コードC(ドミソ)で始まる白い鍵盤だけのスケール)
・C→A7→Dm7→G7
かわいさと切なさ。
Aメロやサビでも多く使われます。



・C→Eaug(ミソ#ド)→F→G
かわいいを前面に出したイメージです。
Eaugの部分は普通のE(ミソ#シ)の場合もあります。



・C→F→D7→G7
元気なイメージです。
和音構成音にE→F→F#→Gと半音ずつ登っていく形が含まれてます。



・C→G/B(シレソ)→Am→Em/G(ソシミ)→F→Em→Dm7→G7
有名なカノン進行、JPOPのサビで使われる事がすごく多いです。
ベースラインがド~シ~ラ~ソ~ファ~ミ~レ~ソ~~
になっているのが特徴で、そこを抑えていれば、別のコードで代用される事も多いです。



・C→C△7→C7→C6
ベースラインかトップノート(高い音)が、ド~シ~シ♭~ラ~と半音ずつ降りていくクリシェです。
同じコードが連続する場合に単調さをなくせて、コードがC以外の時にも代用可能です。
例)Am→Am△7→Am7→Am6



・C→Em/B(シミソ)→B♭dim→A7~~→Dm
ベースラインをド→シ→シ♭→ラと半音ずつ降りていくクリシェです。
Em/Bの部分はG/Bも良く使われます。
これもJPOPのサビに多いです。






★Aマイナースケールのコード進行(コードAm(ラドミ)で始まる白い鍵盤だけのスケール)
・Am→G→F→GまたはE7
安定感のある感じ、ユーロビートやトランスでよく使われてるイメージです。


・Am→C→Dm→E7
かっこいい感じ。ロックのAメロなどで良く使われる進行です。


・Am→F→G→C(→Bm)
有名な小室進行。カッコイイイメージでサビで出る確率すっごく高いです。


・Am7→Dm7→G7→C△7→F△7→C△7→Bm7-5→E7
ドミナントモーション(4度進行)の連続です。
ジャズ(ビッグバンド)等でよく出てくる進行です。


・Am→G→F→E→Dm→C→B7→E7
名称は分からないですが、よくある進行です。
マイナー版カノン進行みたいな感じです。







★Fリディアンスケールのコード進行(コードF(ファラド)で始まる白い鍵盤だけのスケール)
・F△7→Em7→Dm7→C7
下降していく進行です。
AメロがCメジャースケールの場合にBメロでよく使われる進行のイメージがあります。



・F△7→G7→Em7→Am
有名な王道進行と呼ばれる進行です。JPOPの切ないバラード系に良く出てきます。
Em7の所は、E7の場合も多いです。
最初のF△7をDm9にすれば後述するドリアンスケールで王道進行っぽい事もできます。



・F△7→E7→Am7→(Gm7)→C
オシャレ系なロックや、ファンクのサビで良く使われる進行です。





★Dドリアンスケールのコード進行(コードDm(レファラ)で始まる白い鍵盤だけのスケール)
・Dm7→G7→CM7→FM7→Bm7-5→E7→Am7→Am7
枯葉進行と呼ばれる進行です。4度進行の連続でサビに使われる事があります。
昭和時代のような曲調ですがすごくエモいです。



・Dm→A7/E(ミラド#ソ)→Dm/F(ファラレ)→F#dim→Gm→A7→Gm→Gm/D(レソシ♭)
ミュゼット進行と呼ばれる進行です。ベースラインが半音ずつ上がっていきます。
フランスのイメージ。そこまで有名ではないかもしれないです。






★まとめ★
今回紹介した以外にも、カミナリ進行などたくさんの有名な進行があるので、気が向いたら調べても面白いかもです。

このまままったく同じコード進行で曲を使っても、人気の出そうな曲が作れてしまいます。
でも、その分別楽曲と被ってしまうおそれもあります。

コードを一部変化させて使ったり、(コード進行のアプローチ)上記コード進行の間に別のコードを挟んで使えればすごくいいと思います。
最初はここに書いてあるままのコード進行で曲を作ってみるといいかもしれないです。






.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★循環コード
4小節や8小節で、同じコード進行がループして繰り返す事のできるコード進行です。
上で説明したコード進行はほぼ循環コードになっています。


この循環コードを軸に変化・派生させたり、スタート位置を変えて循環する方法を書いてみます。



★変化
・C→A7→Dm7→G7
元のコードです。

C→A7→D7→G7
Dm7をD7に変えたり。

C→A7→Dm7→D♭7
G7を前回書いた、ドミナントの代理和音に変えてみたり。






★派生
・C→A7→Dm7→G7
元のコードです。これを繰り返した後

C→A7→Dm6→E7 ~Amスケールへ
ピボット進行と呼ばれる進行です。
次の日記で書こうか迷いましたが、ここから先は難しくなるのでひとまずやめておきます。





★スタート位置を変える
・C→A7→Dm7→G7
元のコードです。

Dm7→G7→C→A7
ぐるぐる循環できるのでDm7で始めても違和感ありません。
これでDドリアンスケールの循環コードの完成です。

大抵のものはスタート位置を変えても違和感ないですが、中には聴きなれていない進行になる場合もあるので
自分の耳で確かめてみるといいかも。






.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★リハーモニゼイション
最初に有名な進行を使って曲を作り、メロディを乗せた後に、コードの変化やアプローチ、派生をする方法です。
流れ的に、コード→メロディ→コードという順番の作成になります。
わたしは最初慣れるまでこの方法で作曲をしていました。





★ちょっと愚痴っぽい
わたしのホームページの楽曲は、有名な進行は使う事もありますが、数は少ないです。
有名な進行を使った方が人気が出やすい曲調になるのですが、なんか魂を売ってしまった気持ちになってしまうのとコードを考える楽しみがなくなると感じているからかもしれません。
かといって、複雑なコード進行にすると受けない曲になってしまいます。


この部分けっこう悩んでる部分でもあるのですが、あまり書くと愚痴がひどくなりそうなのと、日記の趣旨から外れてしまうので、このぐらいで抑えておきます。





今回も長くなりましたが、読んで下さりありがとうございました。
この先も書く予定でしたが、少し難しくなってしまうので、ここで終わりにさせて頂きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

リンク