FC2ブログ
2018-12-21(Fri)

コードとメロディ・フォロワーさん用③

今回はメロディのつけかたについて書いてみます!




★和音構成音
C(ドミソ)の時、メロディでミ~ド~ソ~~
のように、C(ドミソ)に含まれる音でメロディを奏でます。

音が飛ぶので、近い音を鳴らすより動きが大きくサビなど盛り上がる箇所に向いている気がします(主観)




★経過音
C(ドミソ)の時、ミ~ファ~ソ~~
のように、和音構成音から、次の和音構成音に向かって行くメロディです。

もちろん、ミ~ミ~ファ~ソ~~
のように同じ音を二回鳴らしてもいいですし、

ミ~ファ~ミ~
のように戻っても大丈夫です!

平坦で安心感のあるイメージです(主観)






★テンション音
不協和音の事です。
これがすっごいエモい音を奏でるのに重要ですが、使えるテンション音にはある程度決まりがあります。
ディグリーネームとCメジャースケールのコード両方で書いてみます。
覚えるの大変だと思うので、最初は、メモ帳にコピーしたりスクショ撮って貰えればいいかなと思います。


※C△7はCM7と同じです。




Ⅰ△7(C△7)(ドミソシ)
9・♯11・13(レ・ファ♯・ラ)


Ⅱm7(Dm7)(レファラド)
9・11・13(ミ・ソ・シ)


Ⅲm7(ミソシ)(ミソシレ)
9・11・13(ファ#・ラ・ド#)


Ⅳ△7(F△7)(ファラドミ)
9・♯11・13(ソ・シ・レ)


Ⅴ7(G7)(ソシレファ)
♭9・9・♯9・11・♯11・♭13・13
(ラ♭・ラ・ラ・ド・ド♯・ミ♭・ミ)(×ファ#以外)


Ⅵm7(Am7)(ラドミソ)
9・11(シ・レ)


Ⅶm7-5(Bm7-5)(シレファラ)
11(ミ)

12/21追記
※C△7(ドミソシ)と表記していますが、C(ドミソ)の時も同様です。
※黒い鍵盤の不協和音はあまり使われないのでとりあえず忘れていいかもしれないです。
※Cの時に始まりの一音目でレの音から始めたり、ソ~レ~ミ~のように音が飛ぶときにレの音が使えるイメージです。





その他
・ディミニッシュ
幹音(Cメジャースケールでは白い鍵盤)かつ、和音構成音の長二度(半音2個分)上の音
Cdim(ドミ♭ファ#ラ)なら、レファシ


上記に当てはまらない不協和音を使っている楽曲もたくさんありますので、目安として使って頂ければいいのかなと思います。













★装飾音・アプローチ
メロディをおしゃれにしたり、可愛くしたりする音です。
ジャズやボサノバで良く聴かれる音です。


・クロマティックアプローチ
:半音上、または半音下から、目的の音に向かう
C(ドミソ)の時、
ド~レ~レ#~ミ~~
ミ~レ~レ♭~ド~~


・ダブルクロマティックアプローチ(ディレイリゾルブ)
:全音(半音2個分)上、または全音下から、目的の音に半音ずつ向かう
C(ドミソ)の時
ソ~シ♭~シ~ド~~


・挟むアプローチ
:半音上→半音下→目的の音、半音下→半音上→目的の音
C(ドミソ)の時
ド~ファ~レ#~ミ~~
ド~レ#~ファ~ミ~~




・繰り返し系
C(ドミソ)の時
ミ~レ#~ミ~レ#~









.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★テンション音の超個人的な主観イメージ


7th、△7th、オシャレ
9th、綺麗、幻想的
11th、切ない
13th、悲しさと楽しさの中間



ドミナント(ソシレファ)の時
ソ#、シ♭、ド#、ミ♭の音を入れるととても印象の強い音に聴こえます。悲愴な感じ。
エモいですがあまり使いすぎず、ここ!っていう時に使う方が効果的かもしれないです?








読んで下さりありがとうございました。
次回は、有名なコード進行と循環コードについて書いてみたいなと思います。



またわたしに、間違えがある時もあると思いますので何かありましたらご指摘ください。

あと少しで終わりになるので、どうぞお付き合いお願いします。
スポンサーサイト



2018-12-20(Thu)

コードとメロディ・フォロワーさん用②

ボーカルさん募集などを始めて、先週から忙しく、日記を書く時間が…なかなか取れませんでした。
今回は転調について書いてみます!


。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★転調には2種類!
Aメロの中で一部分だけ転調する…みたいなのが部分転調(名前は覚えなくて大丈夫です)
AメロからBメロに変わる際に、調が変わるのが、普通の転調です。





★転調の方法は主に2種類!
スムーズな転調
突然の転調

です。
今回は、スムーズな転調の方をお話ししていきます。



.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★終止形の形を覚える
終止形と呼ばれるコード進行をするとスムーズに転調できます。

一番良く使われる終止形はドミナントモーション(名前覚えなくていい)で、
G7(ソシレファ)→C(ドミソ)の流れです。Cの部分はCm(ドミ♭ソ)でも大丈夫です。

G7→C
G7→Cをピアノロールで縦に動かしていきます。

G7→C2




D7→G

D7→Gになりましたが、すごくスムーズになっていると思います。
D7(レファ#ラド)はファに#が入っているのでCメジャースケールの中で登場したら転調になります。

縦に動かした時、どの位置で止めてもスムーズに聴こえると思います。





★使用例:実際に転調に使ってみる
Cメジャースケールでコード進行が
C→G→Am→F
というコード進行があったとします。


最後のFの前をC7(ドミソシ♭)にすると
C→G→C7→F
という感じにドミナントモーションを使った転調ができます。





。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★良く使われる終止形
ディグリーネームで書いた方が、後々他のスケールでも代用効きやすいのですが、今回はCメジャースケールで説明します。
↑この一文は専門用語すぎるのでスルーして大丈夫です。


・G7→C(Cmでも可)
先ほどのドミナントモーション。



・Dm7→G7→C(Cmでも可)
ツーファイブ(名前覚えなくて大丈夫です)
使用例は、Dm7→G7→Cの形を縦にずらしていって
Em→A7→D、のようなコード進行をCメジャースケールの中に組み込む事ができます。

主にCメジャースケールのAメロからDメジャースケールのBメロへ移行する時みたいな場面で使いやすいかなと感じています。



・Dm7→D♭7(ド#ファソ#シ)→C(Cmでも可)
おしゃれな感じになります。
これも縦にずらしていって、別の調へ移行できます。


・F→Fm(ファソ#ド)→C
切ない感じになります。



これらも、先ほどのドミナントモーションのように、縦に移動していって使えるので、色んな場所へ転調できます。







。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
★終止形一覧
ドミナント→トニック
サブドミナント→ドミナント→トニック
サブドミナント→トニック

の3パターンで終止形は主に構成されています(例外あり、追記します)



ディグリーネームとCメジャースケールの時のコードネームの両方で書いておきます。
たくさんあるので、覚えるのは大変だと思うので、SS撮ったり、メモ帳にコピペして頂ければと思います。


・トニック代理
Ⅳ9(F9)
Ⅲm7(Em7)
Ⅵm7(Am7)
#Ⅳm7-5(F#m7-5)
♭Ⅵ△7(A♭△7)
Ⅵ7(A7)
♭Ⅱ△7(D♭△7)
Ⅳm7(Fm7)




・ドミナント代理
Ⅶm7-5(Bm7-5)
♭Ⅱ7(D♭7)
Ⅳ/Ⅴ(F/G)
Ⅱm7/Ⅴ(Dm7/G)




・サブドミナント代理
Ⅱm7(Dm7)
Ⅳ7(F7)
Ⅶ7(B7)
#Ⅳm7-5(F#m7-5)
♭ⅦM7(B♭M7)
♭Ⅱ7(D♭7)




上に書かれているもので
ドミナント→トニックのような流れにすればスムーズな転調ができます。
もちろん普通に終止形に使う事もできます。






.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
その他の転調
同主調(Cマイナースケール)のコードで使われる、黒い鍵盤を使ったコードから、Cへ戻る事ができます。
逆に突然、同主調のコードへ移動する事もできます。
C⇔Cmも可能です。

Cm(ドミ♭ソ)
Dm7-5(レファラ♭ド)
E♭(ミ♭ソシ♭)
Fm(ファラ♭ド)
Gm(ソシ♭レ)
A♭(ラ♭ドミ♭)
B♭(シ♭レファ)





。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚
こんな感じです!
画像少な目で、詰め込み過ぎで見づらくてごめんなさい…2回ぐらいに分ける内容だったかもしれません。



次回は、有名なコード進行と循環コードについて書こうと予定していましたが、フォロワー様が悩んでらっしゃったので、先にメロディを書きたいなと思います!
2018-12-16(Sun)

Lonely Ceramic Doll

曲はこちら


【Lonely Ceramic Doll】
詩:リトマス紙
曲:びーみゅ

A
オルゴール 雨降り 静寂に レコードのノイズ 
アルタイル 煌めき 窓辺に 倒れたドール 

B
人気のない館 埃積もったオルモルコモード
開かれない本 思い詰まった部屋 秒針が泣く

サビ1
ああ捨てられたのね私 愛していたのに
呪ってやるわ なんてね

腕でも差し上げられたらいいのに どうせ私は人形よ

サビ2
血の通わない陶磁の手 行き死にも不自由
泣けもしないの ごめんね

あなたの苦しみ 壊せたらいいのに
ゼンマイがなきゃ 踊れない





.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+
リトマス紙さんに歌詞を書いて頂きました。
ドールちゃんの気持ちを思うととても胸が締め付けられます。
「なんてね」のセリフなど、ドールちゃんの可愛さが溢れていて最高です…いつも素敵な歌詞をありがとうございます!



ボーカルさん募集させて頂いたので、もしかしたら、今回わたしが歌う最後のオリジナル曲になります。
最後にこの歌詞で歌わせて頂いて本当に良かったですv
2018-12-11(Tue)

コードとメロディ・フォロワーさん用①

コード進行とメロディの事を書ける日に日記に書いて行きたいと思います。
このタイトルでの日記は5回ぐらいで終わらせられたらいいなと思いますが、
文章下手なので、まとまりきらないかもしれません。



音楽理論は専門で習ったのですが、webや教本では独学で勉強するには難しい気がします。

なるべくわかりやすく書けたらいいなと思いますが、文章力皆無で説明が下手なので、
わからない所あったら聞いて下さい。




.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+
★Cメジャースケールでのコード進行
今回はダイアトニックスケール(名前は覚えなくて大丈夫です)と呼ばれる音階で
ダイアトニックスケールの中でCメジャースケール(これも覚えなくて大丈夫です)と呼ばれる
白い鍵盤だけを使ったコードの事を書いてみます。



★使うコード
C=ドミソ
Dm=レファラ
Em=ミソシ
F=ファラド
G=ソシレ
Am=ラドミ
(Bm-5)=シレファ

です。
白い鍵盤を一つ置きに間をあけて3つの白い鍵盤を弾くイメージです。
Bm-5は慣れるまではあまり使わなくていいかもしれないですし、試しに使ってもいいかもしれないです(説明になってない)





★コード進行で進める場所
C→Dm、Em、F、G、Am、(Bm-5)
Dm→C、Em、△F、◎G、Am、(Bm-5)
Em→△C、Dm、F、△G、Am、(Bm-5)
F→C、△Dm、Em、◎G、Am、(Bm-5)
G→◎C、△Dm、△Em、△F、Am、(Bm-5)
Am→△C、Dm、Em、F、G、(Bm-5)
(Bm-5)→C、Dm、Em、F、G、Am




★進みづらい場所
Dm→F
Em⇔G
G→Dm、F
Dm、F、G以外→C
※F→Dmはわたしの間違えで、大丈夫だそうです。


進みづらい場所は、タブーにされている場所もあるかと思いますが、
現代楽曲では、どの進行も使われる場面も増えているので気にしなくていいと思います。
わたしは△のついている場所を使う時に少しだけ、変じゃないかな?と意識するようにしています。





.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+

Cメジャースケールで曲を作る時は、最初をCで初めて、最後をCで終わるようにするとすっきりします。
ので、慣れるまではCで初めて、途中色々挟んで、最後Cで終わるように作るといいと思います。

もちろんそれ以外のおしゃれな始まり方、終わり方もありますが、それはこのテーマの日記の最後までに書けたらいいなと思います。




.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+.。*゚+.*.。゚+

今回はあまり役に立たなかったかもしれないです。
次はCメジャースケールでの転調(黒い鍵盤を使う物)を書いてみます。
リンク